TopPage > 平成29年度共同研究報告書作製・成果登録要項
japanese

平成29年度共同研究報告書作製・成果登録要項

2018/03/20(Tue) 15:05

平成29年度共同研究報告書作製・成果登録要項

報告書作成と成果登録は、作製要項を必ず一読の上、平成30年4月20日(金)までにweb上で登録(提出)してください。

作成要項はこちらから…H29_annual_howto.pdf

【報告書】については、そのまま製版用原稿となりますのでご注意ください。

なお、webの操作については、本所「共同利用webシステム」のログインHOME

http://imr-kyodo.imr.tohoku.ac.jp/)にマニュアルを掲載しておりますので参考にして下さい。

【成果登録】は共同利用の成果を纏め、報告する上で大変重要なデータとなりますので、必ず登録してください。


 

1.報告書について

○様式・記入方法:以下から書式をダウンロードし、記載例に従い作成の上、PDFに変換してください。
 平成27年度より変更になった点もございますので必ず書式の内容をご確認ください。
 ※前年度より報告書の枚数が1〜2ページ(最大4ページまで可)となりました。


報告書書式 Windows版 2016_hf_ann_rep_win_.doc
報告書書式 Machintosh版 2016_hf_ann_rep_mac_.doc

○提出(登録)方法:本所「共同利用webシステム」のログインHOME(http://imr-kyodo.imr.tohoku.ac.jp/)から、申請代表者のID、パスワードでログインの上、該当箇所にアップロードしてください。
 必ず【平成29年度】を選択してアップロードしてください。

マグネットを使用しなかった場合や事情により報告書の提出を遅らせる必要がある場合は、以下から書式をダウンロードし利用状況報告書作成の上、受け入れ教員を通して末尾のアドレス宛に提出ください。

利用状況報告書書式 HFLSM利用状況報告書.doc


2.成果登録について

以下の項目について、web上の登録フォームの該当箇所を入力してください。

1) 雑誌論文

本センターを利用した研究成果を含む論文(プロシーディングスを含む)のうち未登録のもの
この機会に以前の課題で得られた成果の登録状況も確認していただき、追加登録をお願い致します。

2) 新聞発表

3) 修士・博士学位取得

件数に制限はありませんので、該当するものは全て作成してください。



3.論文別刷について

論文を発表した場合は、別刷のデータファイルを共同利用webシステムの「研究成果の登録」画面よりアップロード してください。

4.問合せ先

本件に関してご不明な点等ございましたら、下記までご連絡ください。


〒980-8577

仙台市青葉区片平二丁目1番1号

東北大学金属材料研究所 強磁場超伝導材料研究センター

電話:022-215-2147, Fax:022-215-2149

E-mail:hf_annual_report@imr.tohoku.ac.jp